猫の3種混合ワクチン

以下の3種類の病気の予防を行います。

​この他の病気も予防できるワクチンもあります。

猫ヘルペスウイルス感染症(猫ウイルス性鼻気管炎)

<病原体>
ヘルペスウイルス科アルファヘルペスウイルス亜科に属する猫ヘルペスウイルス1による呼吸器感染症です。


<症状>
くしゃみ、鼻汁(漿液性、膿性)、眼やに、結膜炎、発咳などを起こします。

このウイルスは治癒しても細胞内にウイルスが潜伏して残ることがあります。
その場合、慢性的に鼻水がでたり、流涙や眼やに等の症状がでたりし、それが持続することがあります。
また、猫の免疫が低下したときに、体の中のウイルスが増殖し、再度発症したり、あるいは不顕性でウイルスを排泄したりします。
そして、免疫のない猫にうつしてしまうのです。
このように持続的な感染源となってしまいます。


猫カリシウイルス感染症

<病原体>
カリシウイルス科カリシウイルス属に属するウイルスによる呼吸器感染症です。

<症状>
基本的には呼吸器感染症なので、上記のヘルペスウイルス感染症と似た症状を示します。
また、ヘルペスウイルスとの混合感染が起こると症状は複雑化します。
舌や口腔粘膜の潰瘍形成を起こす型もあります。
また咽喉頭炎がひどくなると唾液すら飲み込めなくなります。
そして、つららのように口からよだれがでて、飲食が困難となります。
肺炎を起こす型では呼吸器症状がひどくなり、猫ちゃんを死に至らしめることがありえます。

カリシウイルスも治癒しても持続感染を起こすことがあります。
症状は示さなくてもウイルスを排泄しつづけ、他の猫ちゃんにうつしてしまいます。

 

猫パルボウイルス感染症(猫汎白血球減少症、猫伝染性腸炎)

<病原体>
パルボウイルス科パルボウイルス属に属するウイルスによる感染症です。

<感染・症状>
離乳をしてまもない仔猫の場合、急激に発症し、高熱、嘔吐、下痢(血便)、脱水などを起こし、白血球が減少することにより免疫力が低下し、二次感染の確率を上げ、致死率が上がります。